CINEMA LOG DIARY

~人間の本質を描く映画に出会い、人間を理解し、優しい人間になりたい~

ドラマ

★★ある男 石川慶監督(原作:平野啓一郎)

愛に、過去は必要なのか?

★★人生は二度とない(原題:Zindagi Na Milegi Dobara) ゾーヤー・アクタル監督

自分と向き合って、今を精一杯生きる

★★★天間荘の三姉妹 北村龍平監督(原作:高橋ツトム)

生きるのも死ぬのも大変。感動しました。

★★愛する人に伝える言葉(原題:De son vivant) エマニュエル・ベルコ監督

どう生きるか。どう死ぬか。

★★★マイ・ブロークン・マリコ タナダユキ監督(原作:平庫ワカ)

面倒臭かった思い出を忘れて、きれいになってしまう前に…

★★アイ・アム まきもと 水田伸生監督(原作:ウベルト・パゾリーニ)

★★82年生まれ、キム・ジヨン キム・ドヨン監督(原作:チョ・ナムジュ)

韓国社会に生きる女性の生きづらさを描き出した話題作です。子育てを軽く見てはいけないと思いました。

★★アキラとあきら 三木孝浩監督(原作:池井戸潤)

自らの運命が決められていない自由さのありがたみを感じました。 銀行という世界の緊張感にハラハラしました。

★★前科者 岸善幸監督(原作:香川まさひと・月島冬二)

弱いから良い。

★★ビリーバーズ 城定秀夫監督(原作:山本直樹)

人間の本質がこれなら悲しい気もするが、そうかもしれないと思いました。

★★★神は見返りを求める 吉田恵輔監督

人の心のダークサイドを描き出した衝撃作です。

★★PLAN75 早川千絵監督

75歳以上の人は自分の生死を選べるようになった社会ーー現代版姨捨山 本当にありそうな未来、考えさせられる映画でした。

★★星の子 大森立嗣監督(原作:今村夏子)

新興宗教二世の葛藤を描いた映画ですが、もっと大きな意味を突き付けているような気もしました。

★★はい、泳げません 渡辺謙作監督(原作:高橋秀実)

哲学者が主人公だけに哲学的な内容でした。

★★太陽とボレロ 水谷豊監督

爽快でユーモラスな映画でした!

★★★流浪の月 李相日監督(原作:凪良ゆう)

衝撃作でした。

★★やがて海へと届く 中川龍太郎監督(原作:彩瀬まる)

喪失と再生の物語。「周波数」を合わせる。

★★★ドライブ・マイ・カー 濱口竜介監督(原作:村上春樹)

肯定と再生の物語

★★サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(原題:Sound of Metal) ダリウス・マーダー監督

彼が耳にしたのは「喪失」か「希望」か

★パワーオブザドッグ(原題:The Power of the Dog)ジェーン・カンピオン監督

難しい作品でした。

★★★護られなかった者たちへ 瀬々敬久監督(原作:中山七里)

社会派ミステリー。泣けました。

★★映画 太陽の子 黒崎博監督

善悪・正誤で揺れ動く中でも、ポジションを決めて動くしかないのかもしれないと感じました。

★★いのちの停車場 成島出監督(原作:南杏子)

いのちは誰のものか?

★★街の上で 今泉力哉監督

会話のリズム感が、映画ではなく本当に街の中にいるようでした。

★★★サーミの血(原題:Sameblod)アマンダ・ケンネル監督

アイデンティティについて考えさせられました。

★★★アバウト・タイム 愛おしい時間について リチャード・カーティス監督

時間を戻る能力を使って知った「今を生きる」大切さ。

★★裏アカ 加藤卓哉監督

あなたはなぜ裏アカをやってるの?

★★★てんびんの詩 梅津明治郎監督

商人は生きることが全て糧。 商人は恥ずかしいことをして卑屈になってはいけない。 売れてないのに日の出ているうちには帰れない。 分をわきまえる。儲からない時には贅沢しない。 商人は自分の才覚でいくらでも伸ばせる。 親も修行。親も辛抱。 虎の威を借…

★★★ファーストラヴ 堤幸彦監督(原作:島本理生)

トラウマと受容の物語。夫がかっこよすぎる。。。

★癒しのこころみ 自分を好きになる方法 篠原哲雄監督

セラピストとトラウマを抱えた元プロ野球選手の物語。