CINEMA LOG DIARY

~人間の本質を描く映画に出会い、人間を理解し、優しい人間になりたい~

青春

★★サマーフィルムにのって 松本壮史監督

ラストシーンは感動しました!

★★スタンド・バイ・ミー ロブ・ライナー監督(原作:スティーブン・キング)

少年時代の真っすぐな友情 不思議な感動でした。

★★★砕け散るところを見せてあげる SABU監督(原作:竹宮ゆゆこ)

"愛には終わりがない" ヒーローになりたい正義と愛の物語。

★★僕の初恋をキミに捧ぐ 新城毅彦監督(原作:青木琴美)

終わりが分かっている時、最後まで添い遂げるべきか、傷付けないように早く離れるべきか。 ラストは予想を覆されました。

★★★青くて痛くて脆い 狩山俊輔監督(原作:住野よる)

想像以上に青くて、想像以上に痛くて、脆かった 『たとえその場の埋め合わせだったとしても、その時確かに必要とされていたのだからいいじゃない』

★★思い、思われ、ふり、ふられ 三木孝浩監督(原作:咲坂伊緒)

まっすぐな二人が、まっすぐではなかった二人を引き上げたような構図に見えました。 主題歌もピッタリで良かったです。

★★アオハライド 三木孝浩監督(原作:咲坂伊緒)

微妙な感情の混ざりあいがうまく表現されていると思いました。

★★ストロボ・エッジ 廣木隆一監督(原作:咲坂伊緒)

切ない青春物語

★★言の葉の庭 新海誠監督

★★サヨナラまでの30分 萩原健太郎監督

仲間や彼女をめぐって、入れ替わる二人の微妙な感情と、成長が良かったです。

★★★きっと、うまくいく(原題:3 idiots)ラージクマール・ヒラーニ監督

インド映画は初めてでしたが評判が良かったので見てみました。とても良い話でした。

★★★空の青さを知る人よ 長井龍雪監督

妹の成長が素晴らしかったです。

★★★いなくなれ、群青 柳明菜監督(原作:河野裕)

バラバラのパズルのピースが最後に組み合わさるようで難解でした。 タイトルの意味、世界観、テーマ、とても素晴らしかったです。

★★★君の膵臓をたべたい 月川翔監督(原作:住野よる)

単なるラブストーリーではなく、人間の成長の話でもあります。

★★★泣くな赤鬼 兼重淳監督(原作:重松清)

自分も野球部の経験もあったこともあり、理解できる部分がありました。 とにかく泣ける映画でした。 「命をかけた送りバント」

★★★ホットギミック ガールミーツボーイ 山戸結希監督(原作:相原実貴)

1人の女と3人の男、さらにその周りの登場人物も含め、それぞれの感情と想いが揺れ動いていく、深くて難しい衝撃的な作品でした。 スッキリ納得する終わり方でもないですが、そのような、よくわからないというのが真実ということだとも思いました。 騙された…

★★★町田くんの世界 石井裕也監督

恋とは、わからないもの。 世界が変わってしまうくらい大変なもの。 個人的にはヒロインが主役のようにも見えました。

★★★君は月夜に光り輝く 月川翔監督(原作:佐野徹夜)

自分に死が迫っていることがわかったとき、何をしたいか、考えさせられました。

★★★何者 三浦大輔監督(原作:朝井リョウ)

この6人達が、誰にでもある心の闇を見事過ぎるくらいに描いています。 自分のことのようで見てるのが辛くなってきます(笑)

★★走れ!T校バスケット部 古澤健監督

★あのコの、トリコ。 宮脇亮監督

★★★SUNNY 強い気持ち・強い愛 大根仁監督

笑って泣ける映画。 大人になっても、自分が人生の主人公であることを、忘れない。