CINEMA LOG DIARY

~人間の本質を描く映画に出会い、人間を理解し、優しい人間になりたい~

★★★母なる証明(原題:Mother)ポン・ジュノ監督

母の愛とは?大きな問いを突き付けられる映画です。

★★JUNK HEAD 堀貴秀監督

一人で7年かけて製作された伝説のSFストップモーションアニメ映画です。 世界観が独特すぎて、一度見ると忘れられなくなるでしょう。

★★ウエスト・サイド・ストーリー スティーブン・スピルバーグ監督

★★鹿の王 ユナと約束の旅 安藤雅司・宮地昌幸監督(原作:上橋菜穂子)

「鹿の王」とは支配者ではなく仲間を身を挺して守る者。

★★ノイズ 廣木隆一監督(原作:筒井哲也)

島の閉鎖性社会での人々の振る舞い 人間で最も怖いのは嫉妬心

★★白蛇:縁起 ホアン・ジャカン/チャオ・ジー監督

中国古代の四大民間伝説の「白蛇伝」のヒロイン・白娘の前世の物語を描いた作品とのことです。「千年を超える」真っすぐな愛に心が動かされます。

★★サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(原題:Sound of Metal) ダリウス・マーダー監督

彼が耳にしたのは「喪失」か「希望」か

★★恋する寄生虫 柿本ケンサク監督(原作:三秋縋)

自分の心は自分のものなのか?考えさせられる作品でした。

★パワーオブザドッグ(原題:The Power of the Dog)ジェーン・カンピオン監督

難しい作品でした。

★★★そして、バトンは渡された 前田哲監督(原作:瀬尾まいこ)

登場人物みんなが優しい世界

★★ロン 僕のポンコツ・ボット ジャン=フィリップ・バイン/サラ・スミス監督

★★ヘレディタリー継承 アリ・アスター監督

怖ろしい、、、

★★アイの歌声を聴かせて 吉浦康裕監督(原作:吉浦康裕)

ロボットにこそ、人間の本質が現れる。

★★CUBE 一度入ったら、最後 清水康彦監督

★★ミッドサマー(原題:Midsommar) アリ・アスター監督

彼女が最後に選んだのは…? 一度見たら忘れられなくなる映画です。

★★神在月のこども 四戸俊成・白井孝奈監督(原作:四戸俊成)

なぜそこまでして走る? 自分のため?使命のため?好きだから?

★★脳内ポイズンベリー 佐藤祐市監督(原作:水城せとな)

”あなたのことは好き。でも自分を好きでいないと幸せになんかなれない。大事なのは、誰を好きかじゃない。誰と一緒にいる自分を好きかということ。”

★★★護られなかった者たちへ 瀬々敬久監督(原作:中山七里)

社会派ミステリー。泣けました。

★★MINAMATA ミナマタ アンドリュー・レビタス監督

水俣病は今もなお終わっていない。

★★★マイ・ダディ 金井純一監督

泣けました。言葉にならない微妙な感情が表情に現れているのがすごい。

★レミニセンス(原題:Reminiscence) リサ・ジョイ監督

SF

★★サマーフィルムにのって 松本壮史監督

ラストシーンは感動しました!

★★鳩の撃退法 タカハタ秀太監督(原作:佐藤正午)

面白かった!

★★岬のマヨイガ 川面真也監督(原作:柏葉幸子)

★★★ビューティー・インサイド ペク監督

愛することの苦しみと喜びを教えてくれる映画

★★スタンド・バイ・ミー ロブ・ライナー監督(原作:スティーブン・キング)

少年時代の真っすぐな友情 不思議な感動でした。

★★映画 太陽の子 黒崎博監督

善悪・正誤で揺れ動く中でも、ポジションを決めて動くしかないのかもしれないと感じました。

★★★竜とそばかすの姫 細田守監督

スターウォーズと美女と野獣を足したような作品。 自分から先に素顔を見せないと信頼はされない。

★★★ソボク(原題:Seobok) イ・ヨンジュ監督

不老不死がテーマのSFアクションです。 哲学的な問いかけがバンバン出てきます。

★★★夏への扉 キミのいる未来へ 三木孝浩監督(原作:ロバート・A・ハインライン)

SF

面白くて感動しました。